背広の男性

リフォームで蘇る再建築不可物件で手軽にマイホーム

このエントリーをはてなブックマークに追加

不動産の購入

男性

仲介業者の得意分野を知る

物件の購入を考えている人が中古物件を探すとき、価格や立地条件なども大切な要素ですが、契約する不動産会社を選択することも同じくらい大事になります。不動産会社にはそれぞれ得意な分野があり、売却が得意な会社もあれば、賃貸を得意としている会社もあるのです。同じように、その地域によって扱う中古物件が偏っていたり、力を入れている地域が違うこともよくあることです。例えば、寝屋川の人がマンションを購入する場合は、その物件の近くの不動産会社を訪ねることが多いですが、そこで即決してしまうと損をしてしまう可能性があります。なぜならその不動産会社が寝屋川にあったとしても、寝屋川のマンション売却に強い会社とは限らないからです。このようなときは、できるだけ多くの不動産会社を調べることで、寝屋川のマンションを数多く扱っている会社を選ぶことが大切になります。

物件購入に必要な費用とは

個人で中古物件を購入する場合、不動産会社の知識を持っていない人が多いので、中古物件の価格ばかりを気にしてしまいます。しかし、物件の購入でかかる費用は、その物件の代金だけではなく、不動産の仲介を行っている仲介業者に支払わなければならない費用があるのです。不動産会社に支払うのは主に仲介手数料・手付金・不動産取得税・印紙税などで、その他にも登記費用などの必要経費がかかる場合もあります。不動産仲介会社にとって大きな収入源である手数料は、上限が決められていますが、中には無料にしている会社もあります。手付金は、売買契約が成立したときに売主に支払うお金で、契約を解除するとその金額は戻ってきません。このように、物件を購入するときは、物件の購入代金以外にも様々な税金や諸経費が必要になるのです。